セールスデザイナー 小島佳子(こじま けいこ)のプロフィール

1976年 石川県金沢市に生まれる。
法学部法律学科卒。
大学卒業後、地元の信用金庫に入庫。
その後、上京した際に就職した企業でパンフレット等、制作の担当となる。
一般企業→デザイン事務所→外資系ホテル内のフォトスタジオ勤務という、デザイナーとしては異色の経歴を持つ。
武蔵野美術大学 通信教育課程中退。
現在はウリ・強み=USPを磨き上げることで「お客様から選ばれる」ビジネス構築を学ぶUSPファクトリー®︎を主宰している。

 

好きを仕事にした結果、
カラダが悲鳴をあげました。

私は子どものころから、いろいろ手作りすること「ものづくり」が大好きでした。

それが高じて、グラフィックデザイナーとして幸運にもデザイン事務所に就職し「好き」を仕事にしてきましたが、デザイナーの仕事というのは、思った以上に過酷なものでした。

「締め切り」が絶対の仕事。
どんなに無茶なスケジュールでも、必ず締め切りまでに仕上げなければなりません。

そのため、センスやスキルよりも、1日13時間パソコンの前に座っていられる集中力が必要で、文字通りパソコンのに貼り付いてモノを作り続けます。

たとえ無茶な締め切りだとしても、一度任された仕事は基本担当は代わりません。
残業してでも、会社に泊まってでも、その仕事を期日までに仕上げます。

毎日、睡眠時間が3〜4時間、自宅から遠い勤務先だったので通勤に往復3時間をかけ、時には休日もなくなるような仕事を続けた結果、ついに体が悲鳴をあげたのでした。

2016年の4月に入院。

その年の8月にデザイン事務所を退職、フリーランスの道を歩みはじめました。

フリーランスとなり手に入れたもの。
その代わり失ったもの。

じつは、私は当初フリーランスになるつもりはありませんでした。
しかし、復帰しようと再就職先を探したところ、見つからなかったのです。

それも、そのはず。
グラフィックデザイン業界は40歳ごろにみな独立していくのです。
それは、事務所は体力があり、新しいことをどんどん吸収する「若い人材」を常に欲しがっているのです。一方で、ベテランは自分のスタイルを確立しているので、事務所側は扱いにくい・・・

 

就職難という現実を見せつけられた私は、ちょうど起業ブームだったこともあり、あまり深く考えずにフリーランスのデザイナーとして仕事を開始したのです。

 

フリーランスになり、自宅で作業ができるようになったので、時間的な自由を手に入れました。それは本当に良かったと思っています。

ただし、それと引き換えに失ったのが「安定した収入」です。

 

デザイナーがフリーランスになる時は、多くはもといた事務所から仕事をもらえる状態、または顧客を持った状態で独立していきます。

ですが、私は体を壊しての急な退職だったこともあり、顧客まったくを持たずしての独立となりました。

そんな状態での独立でしたが、私はフリーランスになっても、呑気にも「いいものを創り続ければ必ず仕事は入ってくる」そう信じていたのです。

しかし、世間はそんなに甘いものではありませんでした。

週休0日!安売り大量請負の現実。

自分で仕事を取ってくることから始めなければならないのに、今までサラリーマンデザイナーだったので、営業の経験はほとんどありません。

以前、個人的にお付き合いのあった印刷会社や、個人事業主を回り、不定期のお仕事をいただきながら、生活費の足りない分はwebのコンペサイトに応募し、その当選報酬でなんとか生計を立てていました。

 

本当に「なんとか」という言葉がぴったりなのです。

 

すでに一人1台パソコンを持つ時代に突入し、だれでも簡単に使えるアプリが登場。名刺やチラシ・パンフレットなどの制作がもうデザイナーだけのものではなくなり、デザイン業界も価格破壊の波に飲まれていました。

誰でも作れるものですから、単価を下げないと注文が入りません。

私の仕事単価は名刺で片面4,000円、チラシで15,000円まで下がりました。

 

1件15,000円というと具体的にどんな生活なのか。

毎月40万円の仕事を取るために、26件の仕事を取らなくてはいけません。
新規制作は1日がかり。修正などを含めると休み無しで働くことになります。

そして、フリーランスは月商の半分が必要経費で消えることを考えると・・・

無休で働いても、手に残るのは20万円程度なのです。

擦り切れる一方のフリーランス生活

生活費を稼ぐために、依頼が足りない月はコンペに応募していました。
しかし、当選確率は約2割です。

2割。当選確率でいうと高い方でした。
しかし、これは5件応募して1件の採用ということです。

つまり、5日つくり続けて、1件採用。残り4日は無駄骨となるのです。

毎日毎日、当選するかわからないコンペの作品を制作し、精神的にも擦り切れ、それが作品にも現れてしまい、さらに不採用を重ねる始末。

毎日とても忙しくしている割には豊かになることはなく、
逆に、常につきまとう収入の不安。

 

いつまでこんな生活が続くのか・・・

 

そんな状態だったのにもかかわらず、
当時の私は「さらに営業をかけて仕事を取ってこなければ!」と考えていたのです。

 

苦手な営業を繰り返し、暗中模索を繰り返す中、
ふと・・・

「自分の強みとはなんだろう・・・」
「強みがないから、営業に苦労しているのではないか??」

そんな思いに駆られました。

 

そして数日後、あるFacebook広告が目に止まったのです。

 

あなただけの独自のウリを創り出す

 

それが、
現在のビジネスの師  USPプロデューサー 鉾立由紀さんとの出会いでした。

人生を変えた私の決断。

鉾立さんとの最初の個別相談で、
私はカナヅチで頭を殴られるほどの衝撃を受けました。

当初、私がやりたいと思っていたことは、自分でモノを作り続けることが前提のビジネス。
それを鉾立さんに

「それでは一生豊かな生活はおくれない。そもそも、それはあなたがしたい仕事であって、お客様が求めている仕事ではないのでは?」

と、ばっさり切り捨てられました。

 

そして、

今の仕事のやり方では、収入はすぐに頭打ちになってしまう。

私が今まで頑張っていた「営業」は、とても効率が悪く、売り上げも上がらない手法だった。

ということを丁寧に教えてくださり、意気消沈している私にこう言いました。

 

マーケティグを学ぶことで、新しく売上が上がる商品を創り出すことができます。

 

「それが可能ならば、私と同じ苦労しているフリーランサーを救えるのでは?!」
それを聞いて、私はこう思ったのです!!

 

今までの「思い違い」と「これからすべきこと」をはっきり理解することができた私は、師の元で「お客様から選ばれる理由」と「お客様を迷わせない導線」をデザインとして組み込んだ売上があがるデザイン=セールスデザインのメソッド確立のために研究を始めました。

2018年3月 新たなスタート!

そして2018年3月、その先駆けとして、
無料PDFレポート100枚配って30件仕事が取れる「ツカミの名刺」を。

さらに、2018年12月に
3秒で顧客の心を惹きつける「ツカミのセールスデザイン」を。

2019年3月に
webマガジン「名刺交換でアポを取る確実な方法」を。

そして2019年5月に
webマガジン第4弾「名刺ひとつで売れる市場を創り出す方法」をリリースいたしました。

名刺を配っても売上につながらない。
チラシやwebメディアを作っても集客できない。

と嘆く起業家のメディアを、セールスデザインによって優秀な営業マンに生まれ変わらせています。

私自身、「ツカミの名刺」をリリースすることで、マーケティング学び始めて3ヶ月で商品単価を14倍に引き上げ、しかも毎月安定して受注できるようになり、

今では、USP×セールスデザインを習得できる、USPファクトリー®︎を主宰しています。

フリーランサーの働き方を変えます!

じつは、私の野望はここで終わりません。
ツカミの名刺やUSPファクトリーは私にとって通過点に過ぎないのです。

私は、仕事に不安を抱えている多くのフリーランサーに、本当の意味で「自由」を手に入れられる仕事の仕方があることを知ってもらいたい。
そのための環境づくりも始めています。

詳しい情報はブログやメルマガで発信しています。

まずは、無料PDFレポートをダウンロードして読んでみてくださいね!